キャッチ画像

カードローンどこも同じだと思っていませんか?

プレゼンター

カードローンはどこも同じように見えてしまう。
これはカードローンのサービス自体がわかりずらいから
ではないでしょうか?
低金利のカードローンを選ぶなど目的を設定すると
サービス自体が良いのか悪いのかが洗い出すことができます。

それを数百数千のサービスから調べるのはめんどくさいですよね?
当サイトでは厳選したカードローンを徹底比較しています。
どこが下限金利でいちばん低金利なのか?等、おすすめのローン会社
から比較ができるようになっております。
是非カードローンをお申し込みする前に当サイトをご利用ください。

カードローン 総合 ランキング

ランキングの集計中です。今しばらくお待ち下さい。
ランキングじゃなくても以下目的で選ぶから探してもらうと大変便利です。
ランキングの際に検討していることは金利の差、特記すべきことをまとめていこうと
考えていたのですが大手になるとさほど差がなく難しいということに気が付きました。
もしかするとランキングではなく比較サイトとしての方向にしたほうが良いのかと
考えています。ご意見下さると幸いです。

カードローンを目的で選ぶ

 

こちらのカードローン目的で、今一番重要視しているものから探せます。

低金利 -金利が低ければ低いほどいい。ローン限度額などにもよりますが、上限金利が比較的低金利なカードローンをご紹介。
無利息 - 期間限定や、一定期間無利息でカードローンができるサービスをピックアップ。
最短即日 -今すぐに必要な方はこちら。最短即日で可能なカードローン。
限度額 - 限度額の枠ががなるべく大きい方が良いというかたはこちら。
銀行系 - 銀行系のブランドが運営しているカードローンを探している。

カードローンを始めてする方へ

今ローンはとてもしやすい環境が整っているかと思います
2010年6月に金融機関からの融資は総量規制などによる貸金業法の改訂に
より大きなローンを組むことができなくなってしまったローンなども
あります。変更により無駄にお金を借りすぎないようになったというのは
とても良いことではあると思います。

事実目的として年収の3分の1以上のお買物をすることもあるかと思います。
そういった方向けに総量規制対象外のローンも存在します。
そして上限金利いの引き下げ(上限金利が20%)になったというのも
ローンをする側にとってはとてもしやすい環境が整ってきているのです。
ですが、カードローンはいうまでもなくお金を業者から借りることです。
いくら上限金利が下がったといっても借りすぎはいけません。

当サイトが厳選したカードローン会社を目的別にして分けているのにも
こういった理由があるからです。
ただ単純に多くのお金を借りたい、ただ早ければいいというのはやはり
あまりよい借り方とはいえません。
是非目的をもってカードローンをご検討下さい。